リップル、中国との熱愛報道❤

 
この記事を書いている人 - WRITER -

今回は、少し前に発表されたニュースについて触れてみたいと思います!

暗号通貨、中国進出に新たな一歩!

暗号通貨、中国進出に新たな一歩

2017年11月にICO(ICOの説明は次記事にて!)の禁止を発表して、

中国政府は国内の法定通貨と暗号通貨の交換すらも禁止されて。

日本がかなり暗号通貨の勢いに乗ってきた時で

タイミングがタイミングだったので、

いきなりのことでびっくりした方も多かったように思います。

ここでめっちゃ朗報です、

中国がやっと暗号通貨の魅力に気づいてくれたんです!!

その詳細について見ていきましょう\( ˆoˆ )/

中国はリップルに目をつけた

中国はリップルに目をつけた

中国の銀行や決済業者、監督機関は国際送金を簡易化するために

リップルのブロックチェーンを使う予定とのこと。

ここで一つお伝えしたいのが、

リップルっていうのはプロジェクトの総称であって

実はリップル=XRPという訳ではないんですね。

すごい矛盾みたいに感じるんですけど、笑

3/25時点で公開されてるリップル社のプロダクト(=生産・製品)が

「ripplenet」「xCurrent」「xRapid」「xVia」の4つです。

その内の「xCurrent」というプロダクトに、中国が恋をしたそうで!

今後の動きがめっちゃ気になりますね。わくわく。

先月の話ですが、リップル社は中国の送金会社LianLian社と提携し、

そのLianLian社は、「xCurrent」を国際決済に使用しています。

リップルは、暗号通貨ですがそれだけの役割ではなくって

前のリップルちゃんの記事でも触れたように

決済ソリューション(ソリューション=解決方法、答え)でもあるんですね。

なのでかなり生き残る可能性が高くって、

かつ銀行や金融機関だったりに

簡単で信頼性が高い国際決済ソリューションを提供しているんです。

そもそも「xCurret」というのは銀行が使うリップルネットワークで、

現に90社以上の顧客と、75社以上で商業利用に向けて動きがあるので

現時点でも、世界的にかなり認められています。

そりゃ、今までは中継銀行だったりの

大きな銀行を通してしか国際送金できなくて、

そこで発生する高額な手数料、決済処理もめちゃ遅い問題が解決されるなら

誰だって導入するよねって話ですよね。笑

中国が今までの技術を使って国際決済をする時は、数日かかってしまうんですが

xCurrentを使うことによって、国際決済を数秒でできるようになるんです。

シンプルにめちゃすごい。

暗号通貨の中国進出の可能性はある?

中国でブロックチェーンを拡大する

2018年の末までに中国でブロックチェーンを拡大する

という計画があるとリップル社は公表してます。

ここで、リップル社が中国進出自体に可能性があるかどうかです。

リップル社のCEO(最高責任者)ブラッド・ガーリングハウスさんによると

「中国進出はもう目の前。不可能ではない」

とのこと。

ここからさらに中国に浸透する動きがあれば、

世界的に見てもかなりいい方向に動いていきますね(´∀`)

中国進出をした時の私たちのメリット

中国は世界最大の人口だけあって、

これからまた認められて暗号通貨が中国に浸透するとなると

普通に考えてかなり高騰しますよね。

今年中に拡大計画を立てているとなると、

前にも記載したとは思いますが

2018年は暗号通貨の企業進出が止まらない年になりそうです。

大規模な企業進出となると、今まで全く興味のなかった周りも

着実に魅了に気付き始めて、

本当の暗号通貨の意味をわかってくれるのかなと思います^ ^

何も弊害がなくて進むことなんてないですもんね、

全部乗り越えて、もっと便利になって私たちの生活が

もっとより良くなると思ったらわくわくしますよね(´∀`)

本当に暗号通貨って、現代を象徴しているようにしみじみ思います。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© xRland , 2019 All Rights Reserved.