今話題のNEO(ネオ)コインって?特徴は?2018年から今後どうなる?まとめてみた

 
この記事を書いている人 - WRITER -

年始に仮想通貨暴落があった中、比較的に価格が安定していたりと、なにかと話題になっているNEOコインについてまとめてみました。

仮想通貨・NEO(ネオ)って何?

仮想通貨・NEO(ネオ)って何?

NEOの通貨単位はそのまま「NEO」で、実は読み方は「ニオ」と読むのですが、「ネオ」と呼ばれるのが一般化しているため当ブログでも「ネオ」と呼んでいます。

そして、NEOは元々Antshares(アントシェアーズ)=「ANS」という通貨名だったのですが、17年6月に「NEO」とされるとともにブランドの再構築が行われました。

「中国版のイーサリアム」との異名があるNEOですが、なぜそう呼ばれているのかというと、NEOはイーサリアム同様で「分散型アプリケーション」を開発するためのプラットフォームであり、「スマートコントラクト」を実装しているんですね。こちらについては後述させていただきます。

たまに「イーサリアムの殺人者」と呼ばれていることもあります。ニュアンスなのはわかりますが物騒ですね(笑)

また、「アリババ」の提携と聞けばわかる人もいらっしゃるのではないのでしょうか?中国のamazonと言われている企業です。

中国のamazonと言われている企業

こちらですね。

アリババの戦略として、NEOがあわせ持つスマートコントラクトの技術を使って、セキュリティの向上、決済の利便性を図ることが目的とされています。

上記の通り中国産の仮想通貨で、中国初のパブリックブロックチェーン(=非中央集権型)として誕生したのがNEOコインです。そのおかげで中国でもかなり人気のある暗号通貨ですね。

そして、 NEOの目標として「スマートな経済を作る」経済インフラを目指していることがあげられます。

DBFT、NeoX、NeoFS、NeoQSなどの多くの独自技術を採用しており、これら独自技術とブロックチェーン技術を組み合わせたNEOブロックチェーンを使って、誰でも簡単に資産、個人情報、契約等いろんなことを管理できる便利な世の中にしていくことを目指しています。

NEOの時価総額ランキング・価格リアルタイム情報

NEOの時価総額ランキング・価格リアルタイム情報

特徴

分散型アプリケーション「Dapps」

分散型アプリケーション「Dapps」

NEOをベースにした分散型アプリケーション「DApps」が実装されています。イーサリアムをベースにして実装されているDAppsもあるので、ここはほぼ同様ですね。(細かくいうと、DAppsにも種類があるので全くの一緒というわけではないのですが、、)

DAppsを簡単に説明すると、遠く離れた人同士で独自のルールでプログラムを決めて仮想通貨をやりとりできる機能を持ったアプリケーションです。

つまり、何か大きなものを介さなくてもいいんです。

中央管理者がいないブロックチェーン上で自動的・自律的に動作する、ブロックチェーン技術を利用したアプリケーションということですね。

次々といろんなアプリケーションが立ち上げられており、今後も増えていく見込みです。

なんでもできちゃう万能通貨

NEOは、スマートコントラクト始め分散型交換、予測市場(代表例:オーガー)、ソーシャルネットワーキング、自動トークン流動性プロバイダ等の、最近続々と暗号通貨に実装されているアイデアなど、だいたいのものはNEOのプラットフォームで実装することができるそう。

もはやここまでこれば怖いもの無しですね(笑)

残りの特徴に関しては下記にて詳しく見ていきましょう!

イーサリアムとNEOの違い

イーサリアムとNEOの違い

1 多くのプログラミング言語を採用している

NEOでは、スマートコントラクトを多くのプログラミング言語を採用することによって、多くの開発者がNEOのアプリケーションの開発を行うことができるようになってきます。

ちなみにイーサリアムは「Solidity」や「Serpent」というプログラム言語を用いており、イーサリアムが独自で開発したプログラム言語のために、扱えるエンジニアが少ないんですね。

専用のプログラム言語をまず覚えないと、開発を行おうとしてもできないといった事態が起こり、ここに壁があります。

この部分がNEOだと、現在C#、VB.Net、F#、Java、Kotlinがサポートされています。

さらに、将来的には、C、C++、GO、Python、JavaScriptもサポートされる予定です。

ホワイトペーパーでは、これらの言語をサポートすることによって、世界の開発者の90%がネオのプラットフォーム上でスマートコントラクトアプリケーションを開発できるとしています。

すこし余談にはなりますが、リスクコイン(Lisk)もプログラミング言語に世界的に扱える開発者が多い「JavaScript」を採用しています。

2 DBFTなどの独自の技術を築き上げている

DBFT、NeoX、NeoFS、NeoQS等の独自技術を採用しているとお伝えしてましたが、その中でもNEOの大きな特徴としてDBFTというコンセンサス(=同意)メカニズムがあげられます。

DBGTとは「Delegated Byzantine Fault Tolerant」の略で、ホワイトペーパーによると「ビザンティン耐障害性コンセンサスメカニズム」と訳されます。

分散型ネットワークを保っていくときに必ず問題視されるのが「ビザンティン(ビザンチン)問題」です。

ここで分散型ネットワークに関して少し詳しく説明すると、代表例として「P2P」があげられます。P2Pとは「peer to peer」の略で、同等の立場同士で通信を行うことをさします。つまり、サーバーとクライアント(PCやスマホをさす)の関係ではなく、クライアントとクライアント=同等の立場 で通信することです。

なじみのあるP2Pとして「Skype」(世界中でもユーザー(クライアント)同士がP2Pで接続することによって高額な電話代がタダになる)があげられます。

こちら分散型ネットワークの場合は、上記のようにひとり個人だけでは成り立たないですよね。複数人の相互の合意の上でネットワークが成り立っています。

そういった条件の上で、誰かの裏切り行為や意図的にミスやバグを生み出し、システムに異常を起こさせる可能性がある問題のことをビザンティング問題と呼び、そんな裏切りに耐用性がある仕組みのことをDBFTと呼びます。

2.5 DBFTの仕組み

そして、上記のDBFTの仕組みなのですが、まずNEOのブロックチェーンに参加したいという人の中で投票を行って、そこから「ブックキーパー」と呼ばれるブロックによる裏切りがないかどうかを確認する存在の候補者を数人選び出します。

そしてその候補者の中からブックキーパーがランダムに選ばれ、そのひとりはNEOのブロックを生成する権利が与えられます。

ここで一つ、上記を読んでいてなんだか中央集権みたく感じるかもしれないのですが、ブックキーパー自身もNEOブロックチェーンの他の候補者やブロックチェーンそのものに監視されているので、中央集権といったわけではありません。

このブックキーパーになることができたら、NEOのブロックを生成することができるわけではありますが、他の参加者の目は常に光ってるわけですよね。

ここで、ブックキーパーに選ばれなかった他の候補者の66%以上の人から信用が得られなければ、そのブックキーパーはブロック生成の権利を失います。

そしてまた他の候補者の中でブックキーパーを選び出し、同じように66%以上の人から信用を得ることができればその方がブックキーパーとして確定され、その人も66%の人から信用が得られなければ再度他の候補者のなかでブックキーパーが選び直されます

実際にブロックを生成することができるブックキーパーが出てくるまで、ずっと繰り返し選出が行われる、ということですね。

そして、ブックキーパーは他の候補者の意見をデータベース上で確認することができて、他の候補者の意見を反映させることもできます。ここが66%の人の信用を得るポイントになるんですね。

ブックキーパーがしっかりブロックを監視し、NEOネットワークの参加者がブックキーパーを監視することによって、ブロックチェーンの信頼性を保っていきます。

なんだか選挙のような仕組みではあるのですが、選挙は匿名で行われるのに対して、NEOは公平性・情報の透明性が高いです。

ここで、新しいブロックを生成させるブックキーパーは上記のように一人しか選出されないわけなので、ハードフォーク(=ブロックチェーンの分裂。代表例はこちらのイーサリアムまで)が起こる可能性は極めて低く、そしてブックメーカーでないNEOを持つ全員が報酬を受け取ることができるので、他の暗号通貨のように寡占が起きにくいアルゴリズムという訳なのです。

ここでひとつ、また後述するのですが、NEO協議会がNEO発行数の50%を保有している理由が明かされます

ブックキーパーと他の候補者がお互いに監視しているわけではありますが、選出されたブックキーパーがNEOのブロックチェーンに対して悪さをして支配してやろう、、と企ててる可能性もあるかもしれないわけです。

もし万が一、そういうことが起こってしまえばNEO自体に不信感を抱きかねません。そこでNEO協議会が発行数の半分を管理することによって、悪さを起こそうとするブックキーパーにNEOが支配されてしまう事態を防いでいます。

ちなみに、現在イーサリアムは、ビットコインなどと同様のPoW(プルーフ・オブ・ワーク)を採用しており、今後の予定としてはPoS(プルーフ・オブ・ステーク)に一新すると表明がありました。

3 処理速度の速さ

処理速度に関しては、ピカイチの性能を持ち合わせてます。

ビットコインだと1秒間に約7件、イーサリアムだと1秒間に約15件の取引処理が可能と言われているのですが、NEOだと1秒間に約1000件の取引処理が可能です。ちなみに、同様に処理速度が早いことで注目されているリップルも1秒間に約1000件なので、ほぼ同等のスピードなんですね。

そして、NEOにシステムの最適化を行えば、現在の10倍の取引スピードを出すことができる日がくるかもしれないんです。

リップル同様で、世界で一番使用されているVISAカードの取引スピードが1秒間に4000〜6000件なので、システムの最適化を行うとVISAカードをはるかに上回ることになります。

私たちが日常でVISAカードを使っても、取引(購入時の決済)にかかるスピードが遅いなぁなど感じたことは特にないですよね。

NEOもまだまだ成長段階です。VISAを上回る瞬間が楽しみですね。

NEOが持つデメリット

中国の仮想通貨規制問題

NEOは中国発の暗号通貨でしたよね。

そこでみなさん思ったかと思うのですが、あれ、中国って今仮想通貨規制されてない?

そうなんです、17年9月にICOの全面禁止が発表され、取引所の規制が行われたのでNEOももちろんダメージを受けることになりました。

今後の中国の動きによっては、中国発の暗号通貨であるとはいえ、がっちがちに規制される可能性もなくはないですよね。

その規制より、現に時価総額9位の通り(4/10現在)将来に向けての技術の可能性の方が高いので、世界的にNEOが規制されるといったわけではないはずなので、ここは安心できるかと思います。

NEO発行量の半分を、NEO協議会が保有している

NEOの総発行枚数は1億NEOあり、DBFTのくだりでも記載した通り、5000万NEOはNEO協議会が保有しています。もちろん、NEO協議会が利益を独り占めしてやろうと企ててるわけではありません(笑)

理由としては、DBFTのコンセンサスアルゴリズムを採用しているにあたって、万が一ブックキーパーに悪者が現れた時にNEO協議会が保有・管理しておくことによって、BDFTを正しく作動することができる点、あとはNEOの開発・管理などNEO自体のサポートを行うために使うためです。

ただここでデメリットとして、NEO協議会が今後、保有しているNEO総発行数の半分全部とまでいかなくともNEOを大量に売り出すことがあれば、NEOの価格が大暴落してしまうといった懸念点が挙げられます。

ですが、さすがにNEOの運営サイドももちろん価値が下がることは避けたいですよね(笑)自分のところの暗号通貨の価値を自ら大幅に下げるといった可能性は低いと考えられます。

イメージ的には、リップルもリップル社自体がXRP総発行枚数の60%以上を保有しているわけなので、似たような感じです。

 2018年NEOはどうなっていく?今後は?

 2018年NEOはどうなっていく?今後は?

上記に記載したとおりご存知の方が大半だとは思いますが、現在母国である中国は仮想通貨の規制が行われている状況なので、それによってはどちらに転がるかわからない現状は少なくともあります。

ただ、規制されている状況で(4/10現在)時価総額9位なので、世界がどれだけNEOのブロックチェーン技術に期待してるかって一目瞭然ですよね。色々細かく説明させていただきましが、それだけ性能が高い、将来的にもかなり期待されている暗号通貨でもあります。

ちなみに、2017年時点で約800倍の値上がりを見せていました。すごい。

また、NEOのプラットフォームをベースにしたICOが、結構な数予定されているんです。

なぜICOが多く予定されている状態がいいのかというと、NEOをベースにしたICOがどんどん出てくると、そのICOに参加するにはNEOを購入せざるを得ないですよね。購入する人が増えると、必然的にNEOの価値もぐんと上がります。

また、NEOはICOのプラットフォームとして活用するわけではなくて、その高い性能を活用していろんな使い道があるということは伝えさせていただきました。

そして、発行元でもある中国は、暗号通貨を使っての詐欺・不正に関しての規制を行なっているわけであって、ブロックチェーンの技術に関してはかなり前向きな姿勢を見せています。

また、2020年までに全ての分野をデジタル化しよう!という計画も発表されていたり、マイクロソフトと提携していたり、そもそも中国はキャッシュレス社会という要因があります。

上記を踏まえて今後、中国のAmazon・アリババだけでなくて、母国である中国の様々な企業がNEOに参入となると、かなり価値もあがる可能性が非常に高いですよね。

NEOが購入できる取引所

国内の取引所で直接NEOを購入することができません。

方法としては、一度国内の取引所にてビットコイン(BTC)を購入後、海外の取引所に送金を行い、BTC建て(BTCを使って)でNEOを購入する以外ありません。

流れとして

  1. Zaif(ザイフ)、bitFlyer(ビットフライヤー)などの国内取引所にて登録
  2. 登録が済んだら、ビットコインを購入
  3. 続いて、Binanceやbitrex(ビットレックス)などの大手海外取引所に登録する
  4. 国内取引所から海外取引所にビットコインを送金する
  5. ビットコインでNEOを購入する

オススメの国内取引所は、Zaifだと売買手数料が無料、bitFlyerだとセキュリティ面が頑丈です。

また、NEOを購入するにあたって、海外取引所は必ず大手を選ぶようにしましょう。マイナーな取引所で投資を行うと、倒産や突然取引所がなくなる可能性があります。

Binanceは、世界最大の取引所であって、世界で一番利用者が多いと言われていることもあり私も一番信頼がおけるのと、取り扱っているコインが100種類以上、手数料が0.05%と激安なので、もちろんBinanceを使ってます!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© xRland , 2019 All Rights Reserved.