仮想通貨のライトコインとは?特徴・ビットコインとの違いなど

 
この記事を書いている人 - WRITER -

今回は、日常の決済に使える「ライトコイン」についてまとめてみました。

ビットコインの次に開発されたこのコインですが、どんな魅了を持っているのでしょうか(´∀`)

ライトコイン(LTC)って?

ライトコイン(LTC)って?

ライトコインは、2011年10月に 元Googleエンジニアのチャーリー・リー氏によって開発されました。

時価総額も現在(4/6)第5位と、安定した人気を保っていますね。価格もビットコインより安定いているので取引自体もしやすいです。

そして、ビットコインの次に誕生した暗号通貨なので、ビットコインのプログラムを元に作られています。そして、ビットコイン決済導入と同じようにライトコインの決済も世界中で使えるところがほとんどなのです。

これは後々記載させていただくのですが、開発者のチャーリー・リー氏はビットコイン信者であって、「ビットコインが金ならライトコインは銀」という立ち位置を目指しています。決してビットコインより上にいってビットコインを消してやろうなどという考えを持っているわけではありません(笑)

ライトコインの特徴

「通貨型」の仮想通貨

仮想通貨は「通貨型」と「プラットフォーム型」に分かれているのですが、ライトコインは「通貨型」に含まれます。

ビットコインと同じく「通貨型」なので、決済用のコイン、つまり利用目的は何かの支払いの際に使う「お金の代わり」ということです。

なので、イーサリアム、リップルみたく「機能」を追い求めている仮想通貨とはまた違うんですね。

取引時間の短縮

ビットコインの送金時間は約10分程度かかってしまうところを、ライトコインはなんとビットコインの1/4の時間、つまり2分半で取引処理を行うことができるんですね。

なので、日常的な商品や飲食代の支払いなど日常的な利用に、ビットコインだと適していなかった部分の問題を解消させるために開発されたのがライトコインなのです。

どうやって取引時間を短縮できたのかというと、ライトコインは2017年4月にSegwit(セグウィット)という技術が適用されたんですね。このSegwitは、仮想通貨の取引処理能力を向上させ、取引履歴を圧縮してデータの量をを小さくする処理のことです。

2017年9月にはビットコインにも適用されたのですが、ビットコインに先駆けて取り組んだことによってかなり話題になりました。

そしてもう少し突っ込んで説明すると、ライトコインの発行総量は8,400万枚と、ビットコイン2,100万枚の約4倍もの量なんですね。

単純な話、発行総量がビットコインの約4倍あるからこそ、取引にかかる時間はライトコインがビットコインの4倍速いということです。

なので、ライトコインはビットコインを補完する仮想通貨、とも言われています。

非中央集権型

こちらもビットコインと同様に、ライトコインを管理する組織・団体は存在しない非中央集権型をとっています。

非中央集権がわからないという方のために書いておくと、システムの基盤を支配・操作できるような権力や権限がどこかにある訳ではなく、分散または全員がその役割を持っているということです。決して権力が集中しているシステムではないということですね。

開発サイドがとにかくすごい

元Googleの社員チャーリー・リー

冒頭にも記載しましたが、元Googleの社員チャーリー・リー氏はそれまで勤めていたCoinbase社を辞任して、17年6月に「ライトコインの開発に専念する」と決心しました。

Coinbase社とは、ビットコインの販売・取引所、ウォレットサービスなどなど幅広く手がけているアメリカの大手ビットコイン企業であって、チャーリー・リー氏はウォレットのプラットフォームの改善などの開発ディレクターを勤めていたんです。

そんなチャーリー・リー氏がライトコインに専念するために離脱した経緯というのは、ライトコインにそれほどの熱意を込めており、私たちもかなり期待できますよね。

これほどまでに開発者の実績・能力が高く、また熱意があるというのはこういう世界でもとても大事なことです。これからの未来、今までにないものを見せてくれそうですね。

ライトコインのデメリット:安全性

ライトコインには、取引処理の時間短縮を行うことによる安全性が問題視されています。

決済のスピードが速く承認時間が短い代わりに、細かい部分を見逃してしまうかもしれないという懸念点があり、データが改ざんしやすい可能性があるんです。この部分がこれからの課題点としてあげれられています。

ビットコインとライトコインの違い

ビットコインとライトコインの違い

ビットコインが金なら、ライトコインは銀

ライトコインは、ビットコインの複製版と思われがちなのですが、開発者のチャーリー・リー氏によると「ビットコインを金貨とするなら、ライトコインは銀貨だ」と発言されています。ビットコインが普及してライトコインが消えていく、といったことはないということですね。

二つの通貨の基本的な仕組みだったりっていうのはもちろん同じなのですが、希少性はビットコイン、流通・取引にはライトコインが利用しやすいような仕組みになっているんです。

もう少し詳しく見ていくと、ビットコインの発行枚数は2100万枚、それが世界的に普及していった時の時価総額は(現在のドル円換算で)約2000億円にもなると言われていて、それが実現すれば1BTC=1000万円になると予想されているんです。

本当にこれが1BTC=1000万円を超えたら、ビットコインの最小単位の1satoshiは1円以上になってしまうんです。

これに手数料や決済処理時間などを考えた時に、ビットコインは少額の決済(=マイクロペイメントと言います)に使用はできないですよね。

そうなった時に使うのが、ライトコインなんです!

少額決済に対応しているので、ビットコインに取って代わる仮想通貨になる!というよりかは、ビットコインをサポートする仮想通貨になる!って感じですね。

ライトニング・ネットワークの可能性

ライトニング・ネットワークの可能性

チャーリー・リー氏は、2017年9月に「ライトニング・ネットワーク」という技術を利用した送金に成功しました。

ライトニング・ネットワークというのは

  • マイクロペイメントと呼ばれる「少額決済」
  • ビットコインがもつスケーラビリティ問題の解決(=ビットコインは、世界で初めて作られた仮想通貨ということもあって、決済のスピードが遅いという問題の解決)
  • 直接
  • 手数料の削減

を実現したんですね。つまり、

  • 1秒1秒で何千ものトランザクション(=取引)を作ることができる
  • 手数料が格安になる
  • ビットコインでいう1satoshi単位(約0.0005円)などの少額での支払い

が可能になります。

ビットコインは上記にもあったように、送金にかかる時間=1回のブロック生成時間が10分もかかってしまうので、少額な日常的なお支払いには向かないんですよね。しかもその少額の支払いにかかる手数料が高いってもうたまったもんじゃないです。

なので、ビットコインは実用性には欠けるという声が多いのですが、ライトコインはライトニングネットワークを適用することによってそういった問題が解消されたということです。

ライトコインの2018年、今後はどうなる?

ライトコインの2018年、今後はどうなる?

ライトコインは、実際にVisaと提携して「LitePay」などのサービスが作られていたりと、着実に有用性を認められています。

また、決済にかかる時間がビットコインの4倍の速さという点、そして上記の通りビットコインとライトコインの「金と銀」という関係性から、今後のライトコインの価格はビットコインと大差なくなってくるとも言われているんですね。

まあ、ビットコインに追いつかなくとも、ライトコインの有用性がもっと広まって行けば今後上がっていく可能性が非常に高いです。

ライトコインを取り扱っている取引所

国内の取引所でいうとcoincheck(現在停止中)、ビットバンクGMOコイン

海外の取引所でいうとBinanceで扱ってます。

こういった、世間に割と知れ渡っていて信頼度の高い取引所で口座開設を行わないと、マイナーな取引所だと倒産や資金が取り出せなくなってしまう恐れがあるので気をつけましょうね(‘ω’)

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© xRland , 2019 All Rights Reserved.