【仮想通貨】NEMが採用しているPoIとは?ハーベストって?わかりやすく解説

 
この記事を書いている人 - WRITER -

前回に引き続きコンセンサスアルゴリズムについて解説します!

今回は私の愛するネムコインが採用しているPoIなのですが、どのような特徴があるのでしょうか?

ビットコインが採用しているPoWや、イーサリアムが採用予定のPoSに引きつづき、PoIについて分かりやすく説明していきます。

PoWやPoSについては下記からどうぞ↓↓

今記事の前半はおおもとのコンセンサスアルゴリズムの概要を説明していますが、PoIの特徴のみを知りたい方は飛ばしてくださいね!

コンセンサスアルゴリズムとは?

コンセンサスアルゴリズムとは?

そもそも「コンセンサスアルゴリズム」の意味なのですが、

コンセンサス=合意、承認

アルゴリズム=方法、算法

つまり、合意を取る方法という意味合いになります。

なぜ「暗号通貨にコンセンサスアルゴリズムが必要になるのか」という理由なのですが、ブロックチェーンには特定の管理者、中央の管理者は存在しないという特徴を持っています。

そこで発生する問題「取引・契約に対しての不正チェックを誰が行うか」という部分の、不正チェックを行う人を決定する方式がコンセンサスアルゴリズムです。

そして、暗号通貨によって異なる方式を取っているのですが、ビットコインは「PoW」、ADAやイーサリアム(今後)は「PoS」というコンセンサスアルゴリズムを採用しています。

これらのコンセンサスアルゴリズムによって、ブロックチェーンを成立しているんですね。

そして、PoWやPoSなど色々種類がありますが、それぞれ取引・契約の整合性をチェックする人の選出方法が異なりますので、どういったものなのか見ていきましょう!

ブロックチェーンの仕組みについて

コンセンサスアルゴリズムをきちんと理解するためには、ブロックチェーンへの理解が必要不可欠です。

ブロックチェーンを一言で表すと、よく言われているのが「世界中のみんなが見れる台帳」です。

例えば、「ビットコインを私から渡辺さんに送りました」とかいう取引情報をいくつかまとめたものをブロックと呼び、ブロックをどんどんつなぎ合わせていったもの、つまり鎖のように繋いでいき改ざんを不可能にしていく仕組みです。

そして、ブロックに入れる取引情報をチェックする方法のことをマイニングと呼びます。

そして、ブロックに入れたあとは改ざんが難しいのはもちろんですが(なぜ難しいのかは後述します)、そのブロックに入れる取引情報がそもそも間違ったものを入れると大問題ですよね。

なので、ブロックに入れる前に取引情報を確認する必要があり、その確認方法のことをコンセンサスアルゴリズムと呼びます。

暗号通貨によって採用しているコンセンサスアルゴリズムは違えど、元のブロックチェーンのしくみ自体は違わないのであまり難しく考えなくて大丈夫ですよ。

ブロックチェーンを図解にして、細かくわかりやすくしたものをまとめてますので、下記の記事をご覧ください↓↓

ハッシュ値

こちらも上記のブロックチェーンのしくみについてまとめた記事の中にかなり分かりやすくしているのですが、重要なのでこちらでも軽く説明しますね。

ハッシュ値というのは、ハッシュ関数という技術を用いて算出される値で、該当のデータの受け渡し・保管時にそのデータが正しいままであるかどうかを確認するためにあります。

あるデータをハッシュ関数に入れるとハッシュ値が生成されるのですが、例えば「AさんからBさんに1000bit送金した」というデータが記録はされているものの、暗号化されてしまうとわたしのような素人がみてもちんぷんかんぷんな様に暗号化=ハッシュ値にされます。

暗号化された状態から元に戻すことは極めて困難になるため、元のデータが改ざんされていないことを確認できるといったしくみです。

そして、ブロックで生成されたハッシュ値は、次のブロックのハッシュ値生成にも利用されるため、そしてハッシュ値がチェーン上に繋がっているので、一箇所でもデータを改ざんしてしまうと永遠改ざんされた計算をしなければいけないため、ブロックチェーンが改ざんされるリスクはほぼゼロに近いといっても過言ではありません。

PoI(プルーフ・オブ・インポータンス)とは

PoI・プルーフ・オブ・インポータンスを説明、図解

PoIとは、上記の通りProof of Importanceの略であり、和訳すると「重要度の証明」になります。

つまり、参加者の重要度によってブロック生成者が決定されるしくみです。

この「重要度」の評価基準とは、通貨の保有量通貨を取引した量=コインの流動性を高められたかによって決められ、この重要度の評価が高いほどブロック生成できる確率が高くなります

そして、4/27現段階でPoIを採用している暗号通貨はNEMのみです。

PoWやPoSのように、自分の持っているコンピューターがハイスペックでも、ただ単に該当通貨を持っているだけでは報酬を受け取ることができません。

PoIでは、しっかり取引を行なっていなければ重要度が高くならない=ブロック生成できる確率が高くなりません。

ただ、自分のアカウント同士で取引を行なってもこの「重要度」は高まらないので、他者と行う必要な状況が生じます。

このことによって、自然と公正な「取引」が行われるようになるんですね。

このように、ネムのコミュニティへの貢献度が高い方ほど報酬を得られるということです。

そして、ブロック生成のことをPoWではマイニング、PoSではフォージングと呼ばれていますが、PoIではハーベスティング(収穫)と呼ばれています。

PoIのしくみ・メリット

誰でも平等に報酬が与えられる

PoIは、PoW・PoSのデメリットを解消されたしくみになっています。

PoWの場合、ブロックを生成するには演算を世界の誰にも負けない速さで行う必要があり、ハイスペックなコンピューターを使わないと勝つことは極めて難しいです。

また、PoSの場合は通貨の保有量に応じてブロック生成の確率があがるために、ブロックを生成したければ少しでも多く通貨を保有する必要がありました。

どちらも共通して言えるのが、お金持ちがブロックを生成しやすくなり、ブロックを生成すると報酬を受け取ることができるので、お金持ちがさらにお金持ちになります。

つまり、必然的に貧富の差が生まれてしまい、公平性にはどうしてもかけてしまう側面を持っているということです。

また、PoSは通貨をより多く保有することによって流動性が損なわれる問題が生じていました。

そういったPoW・PoSに対して、PoIはただただ通貨を持っているだけではブロック生成を行うことができず、取引の回数・取引量なども評価対象の基準としてブロック生成者を決めています。

つまり、ネムネットワークを積極的に利用する人に報酬が与えられる仕組みになっているため、一般の人にも平等に富の分配が生まれ、また流動性も担保しながらブロック生成を行うことができます。

ハーベスティング

上記のような報酬制度をPoIではハーベスティングと呼ばれます。

NEMと同時期の2015年にリリースされたマイニング方法で、そんなにまだ長くはないもののNEMが今後さらに広まっていけばかなり期待ができます。

ハーベスティングの条件としては、

  • 10,000NEMの保有
  • NEMのナノウォレットに通貨を保管する
  • ナノウォレット上の設定をでハーベストモードにする

などがあげられます。

また、PoIにはEigen Trust++と呼ばれる、ブロックチェーン上でノードを監視するアルゴリズムを導入しているので、悪者がハーベストを不正に行うことができない仕組みをとっているので安心材料になりますね。

そして、評価の高いノードとやりとりをおこなうことでもハーベストによる重要度に関わってくるのですが、この評価の高いノードの事をスーパーノードと呼びます。

スーパーノードとは?

そもそもノードって何?という部分なのですが、おおもとの意味としては線と線の結び目を表し、ネットワークの接点などを意味します。

暗号通貨の分野では、コミュニティ内のコンピューターをさしています。

ノード・スーパーノードを説明しているイメージ

上図は中央集権などの説明画像から持ってきたのですが、このようにひとりひとりのコンピューターのことをさすんですね。

そして、スーパーノードというのはノードのリーダーのような存在であり、重要度の高い高性能なノードです。

役割としては、ブロックチェーンの全てを保有し、取引・決済の二重支払いの検証などを行います。

そしてスーパーノードになると、ハーベスティングでも報酬は受け取ることができますが格段に報酬額があがります。

スーパーノードになるにはネムコインを300枚以上持つ必要がありますが、毎日ネムコインを受け取ることができ、4/27現在のXEMの価格が約40円なので、換算すると毎月だいたい40万程度もらえることになります。

あまり私も詳しいわけではないので細かいことは言えないのですが、結局大資産がなければ難しそう。

スーパーノードになるもの簡単なことではないですが、興味のある方はぜひ!

PoIのデメリット

特徴でもあげたように、PoIはハーベスティングというブロックの生成方法を採用していることによって、ある一定量の通貨を保有しなければいけないとった特徴がありました。

4/27時点でXEMの価格が約40円なので、10000XEM以上の保有として計算するとその時の通貨の価値にもよりますが日本円にして最低40万前後くらいかかるため、結局お金持ちが力を持ってしまうのではないかという懸念点があげられています。

PoW PoSの場合は、通貨を何枚以上保有しないといけないといった条件は特に設定されていないので、そういった意味では誰でも参入しやすいです。

PoIを採用している暗号通貨はネムコインだけ

冒頭にも伝えましたが、PoIを採用しているのはNEMオンリーです。

したがってPoIの知名度もまだまだなところはありますが、NEMもかなり将来有望な暗号通貨なので、自然と同時にPoIの知名度もあがっていくと思います。

以上がPoW・PoSを改善したコンセンサスアルゴリズムであるPoIの特徴でした\( ˆoˆ )/

今はまだNEMしか採用していないためにそんなにメジャーなわけでもありませんが、これからが楽しみな技術のひとつです。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© xRland , 2019 All Rights Reserved.