【国産仮想通貨】BitZenyとは?高騰理由・将来性・購入方法

 
この記事を書いている人 - WRITER -

今回は、国産仮想通貨の1つ・BitZeny(ビットゼニー)についてまとめてみました!

実は、2017年のアルトコイン全体が地獄のような停滞期の時にでもBitZenyは価格をあげていたという伝説(?)があります。

そして、同じ国産通貨のトップを走っているモナコインの次に続く通貨だとも言われていて、かなり有望です!

モナコインは一年で3円→1700円になり、もうこれ以上急高騰するのは難しいと買い増しに見切りをつけた人たちがこのBitZenyに流れてきてるんです。

第二のモナコイン」BitZenyはどのような特徴を持っているのでしょうか?

詳しくみていきたいと思います(*’ω’*)

BitZenyとは?

仮想通貨・Bitzenyの特徴・メリット・デメリットなど解説をまとめ
公開日2014年11月
通貨名ZNY
最大発行枚数2億5000万
ブロック生成時間90秒
マイニング方式PoW
公式HPhttps://bitzeny.tech/

Bitzenyも、モナコイン同様で5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)から誕生しました。

モナコインもBitzenyもそうなのですが、5ちゃん系列のものは本当にコミュニティが活発なものが多いですね。有志が強すぎます

また詳しくは後述させていただきますね(´∀`)

また、2017年12月頃に高騰した要因にもなったのですが、仮想通貨界のインフルエンサーでもあるイケダハヤト氏にBitzenyがブログで取り上げられました。

そこからBitzenyの検索がかなり多くなり、価格も高騰したんですね。

Bitzenyがすごいというか、シンプルにイケダハヤト氏がすごすぎます(´⊙ω⊙`)

その伸び代なんと1年で4000倍。現実なのか疑うレベルですが笑、かなり夢がありますね!

12月にBtizenyはその魅力に気づいた人がたくさん出てきて、Twitterでもかなり注目を浴びました。

また、他のアルトコイン、例えばリップルなど「送金・決済」に特化した通貨と、文字通りの「通貨」以外の役割を果たしているものが多い中、Bitzenyは通貨以外に何も役割がありません

何かプロジェクトが発足され開発が進められている通貨とは違い、特にプロジェクトもなければプロジェクトの開発の進行状況等があるわけでもありません。

それ、今後価値は伸びるの?と不安になった方もいらっしゃるかもしれませんが、ビットコインも同様に通貨以外の役割を持たないので、この部分だけで不安材料にはならないでしょう。

BitZenyの特徴

仮想通貨・Bitzenyの特徴、コミュニティの強さをイメージ

日本発!国産仮想通貨

まずはここでしょう(*’ω’*)!

国産の通貨というだけでもかなり支持される傾向にあります。したがって自然とコミュニティが大きくなることが多いですし、ここはかなり大事なポイントになってきます。

仮想通貨全体的に見ても日本の投資金額って結構大きいんです。

マイニングがしやすい

仮想通貨・BitzenyのPoW・CPU・マイニングが簡単なイメージ

ビットコインなどの言わずと知れた暗号通貨は、大資産を持った企業などがかなり参入してきて、個人がマイニングを行うことは極めて難しいです。

理由として従来のPoWというマイニング方式を取っている通貨は特になのですが、仕事量に応じて報酬がもらえるような仕組みになっているからなんですね。

仕事というのはブロックチェーンのブロック生成のことをさすのですが、ブロックを生成するためには演算が必要です。

ブロックチェーンの詳しい仕組みに関しては、わかりやすくまとめた記事がありますのでそちらをご覧ください!↓

そして、その演算をいかに早くできるかの競争で勝ったものが報酬を受け取ることができるのですが、ハイスペックなコンピュータでないと難しいのが現実です。

もちろん、ライバルの少ない草コインなどは敵がいない分掘りやすくはなりますが、その価値があがっていかないとマイニングにかかるコスト、電気代などの方がかかってしまい結果マイナスになってしまっては意味がありません。

でも価値のある通貨はライバルが多すぎて大資産がないと報酬を得ることは難しいので、個人が勝つのは不可能だと言われていました。

しかし、BitzenyはPoWの中でもCPUマイニング、Yescryptという認証アルゴリズムを採用することによって、普通のPCでもマイニングを行うことができるようになりました!

大資産を持つ企業などが使っているのですが、ビットコインなどの多くの通貨はGPUやASICという機械を使ってのマイニングが主流で、そのGPUやASICが苦手なところを得意としているのがYescryptなので個人でマイニングする方が有利とされています

ただ、そんな素敵な技術を採用しているBitzenyにおいても最近は個人だけではなかなか勝つことができづらくなってきたみたいで、個人同士が集まって力を合わせてマイニングを行うマイニングプールを利用する方がいいみたいです。

投げ銭することができる

Bitzenyもモナコイン同様で投げ銭ができます!

以前はTwitterアカウントの「ぜにぃ姫」で投げ銭を行うことができていたのですが、つい先日2018年3月末でぜにぃ姫の全サービスが終了しました。

【ぜにぃ姫情報】twitter投銭Botぜにぃ姫のサービスを終了いたしました。永らくのご利用ありがとうございました。

— ぜにぃ姫@BitZeny投銭Bot (@zenyhime) 2018年3月31日

その代わりにぜにぃ姫の妹?の「りん姫」というBitzeny投げ銭botが誕生しました!

りん姫はウォレットサービスではありません。
ウォレット代わりに利用してる方は投げ銭に最低限必要な額以外は他ウォレットをご利用ください。#りん姫

— りん姫@BitZeny投げ銭bot (@zenytips) 2018年2月7日

ちょっといいツイートが見つからず掲載がこのツイートになってしまいましたが、、

りん姫の特徴としては、ぜにぃ姫にはないrain機能が備わっています。

rainとは、Twitter利用者に対して撒き銭を行うコマンドです。

rainfollowerコマンドで自分のフォロワーに撒き銭ができ、rainfollowerlistでDMでの撒き銭ができるようになります。

また、撒き銭の対象となる方に対して撒き銭を行う額が割り切れない場合、少し調節が入ります。

ぜにぃ姫にはなかった機能なので、うまいこと使い分けができたら楽しいですね(´∀`)

りん姫はこちらから飛べます→https://twitter.com/zenytips

アカウント名はこちらです→@zenytips

BitZenyのメリット

仮想通貨・Bitzenyのメリット・Bitzeny決済可能店舗をイメージ

コミュニティが活発

上述した投げ銭botもそうなのですが、Bitzenyの投げ銭は結構活発に動いておりその分多くの利用者がいるということ、またなにより投げ銭のシステムを作るエンジニアさんがいるというのはすごいことです。

また、TwitterではBitzeny関係でなにかわからないことがあったときに「#困ってるぜにぃ」と「#bitzeny」の両方のハッシュタグをつけてツイートすれば、そのツイートをみた方が答えてくれるんです

モナコインもコミュニティは活発ですが、世界的にみるとこんなにもコミュニティが温かい暗号通貨も珍しいですよね。

そして、実はBitzenyは4年前に誕生して3年前に開発者が行方をくらましてしまいました。

にも関わらずこの空白の3年間、コミュニティだけでBitzenyは保たれていました

普通なら開発者がいなくなった草コインはそのまま衰退してしまっても全くおかしくないことではない、むしろそうなってしまうのが普通なのですが、Bitzenyは有志だけで3年間消えることなく価値を持ったまま2017年末にいたります。

そしてたぶん開発者(?)が戻って来られ、コミュニティが爆発し価格も急騰しました\( ˆoˆ )/

たぶんBitZenyの開発者です。少しずつですが活動を再開したいと思います。これまでBitZenyを支えていてくれたコミュニティの方々に感謝します。3年間放置して続いていたとは…ブロックチェーンって本当にすごいですね!

— bitzeny (@bitzeny) 2017年12月20日

現段階ではゆるやかな動きになっていますが、再度2017年12月のような急騰がくることはあるとはな的にはみてます(*’ω’*)

BitZeny支払いができるお店が出現

Bitzeny支払いに対応したお店がどんどんでてきています。

埼玉県越谷市にある、うなぎ料理専門店・川昌さんはBitzeny以外にもいろんな通貨に対応しています。しかもめっっっちゃ美味しそう。たまらん。

仮想通貨決済対応

BCH XRP XEM MONA ETH ZNY

に加えてこの度

XP LISKを追加致します

仮想通貨決済ご希望のお客様は出来ましたらご予約頂くとスムーズです

予約なしのご来店の場合は来店時に仮想通貨決済希望とお伝え下さいませ#BCH #XRP #XEM #MONA #BitZeny #ETH #XP #LISK pic.twitter.com/41Gl4zEoYN

— うなぎ料理専門店 川昌 (@kawashou1222) 2018年1月20日

ありがとうございます!

越谷やレイクタウン方面、野田からも松伏にバスは出ているのですがバス停からかなりの距離を歩かなくてはなりません(><)

せんげん台からでも最寄りバス停から15分程歩く最悪な立地なのです(T ^ T)

暇な時であればバス停まででしたらお迎えに上がれることもございます(^^)

— うなぎ料理専門店 川昌 (@kawashou1222) 2018年5月30日

立地的に近辺の方でないと気軽にふらっと行きづらいかもしれませんが、お迎えにもきてくださるなんてどんなけお優しいんでしょうか?感動レベルですね。。

仮想通貨決済の際は、お店に入った時に一言申付けると支払いがスムーズになるそうです。

ご協力お願いします(´∀`)

BitZenyが2.0にアップデート

2018年1月末に、Bitzenyが2.0にアップデートされました 。

難しいことは置いておいて、簡単に解説すると今のビットコインベースになりました

アップデートされたとはいえ、ソフトフォークで行われたため前バージョンと互換性があります。

特に私たちの方で何かアップデートしなくてはいけないといったわけではないので、以前から保有されている方も安心してくださいね(*’ω’*)

今後の開発によっては、Segwitだったりアトミックスワップだったりが実装されていく可能性もあるかもしれません

随時配信される情報に期待ですね!

BitZenyのデメリット

他通貨との目立った差別化がない

これは結構大事な部分なのですが、Bitzenyでできている事はほぼモナコインでもできてしまうんです

だったらモナコインだけあればいいのでは?ということになってBitzenyを買わなくともモナコインのみ伸びていけば、Bitzenyの存在価値がなくなってしまう恐れがあります。

今後の開発によってはきちんと差別化されていくかもしれません。

3年間開発が止まっていた

中盤あたりでもお伝えしましたが、4年前にリリースされて1年後、つまり今の3年前にBitzenyの開発者は行方をくらませていました。

実質的には3年間ほど開発が全く進められていなかったんですね。

コミュニティのおかげでBitzenyはなくならずに価値を保つことはできていたので、2017年末頃に開発は再開されましたがこのような事実があったことに変わりはありません。

今後このようなことはないと願っていますが、ビットコイン同様でただの通貨以外に役割がないため少し気をつけて見ておきたい部分です。

BitZenyの将来性

BitZenyの将来性

一番はコミュニティの強さがかなり目立っており、今後にもかなり期待ができそうです。

懸念点として、Bitzenyを取り扱っている取引所が現段階であまりないのと、すごく大きいといったわけではない海外取引所のみの取り扱いなので気軽には購入できない点があげられます。

初心者の方には手に入れるまでに少しハードルが高いですよね。

慣れていなくても購入までにそんなに抵抗がない日本の取引所や、大手の海外取引所にて取り扱いが始まればもっと流動性があがり価値も自然と上がっていくでしょう。

また現段階でBitzenyの保有者のほとんどが日本人ということもあり、上述したように大手の海外取引所に上場し、海外の人の目にも止まっていけば今よりかなり高騰すると見ることができます。

BitZenyの購入方法

現段階で購入できる国内取引所はありません。

海外取引所のみ上場しており、Cryptobridge、Stocks.Exchangeにて購入可能です。

方法としては、国内取引所にて取り扱っていないので円でBZYを直接購入することは不可能で、また海外取引所では日本円が使えません。

一度国内の取引所にてBTC(ビットコイン)を購入後、Cryptobridge等の海外取引所に送金を行なってからBTC→BZYを購入する以外ないのですが、一つずつ流れに沿っていけばすごく難しいわけではありません ◡̈

購入まではこのような流れです↓

  1. bitFlyer(ビットフライヤー)などの国内取引所にて登録
  2. 登録が済んだら、国内取引所でBTCを購入
  3. 続いて、Cryptobridge等の海外取引所に登録する
  4. 国内取引所からCryptobridge等海外取引所に、国内取引所で購入したBTCを送金する
  5. 送金したBTCでBZYを購入する

最初は誰だって不慣れなので、最初の1回目だけすこし手間取ってしまうかもしれませんが、ここを一度感覚を掴んでおけばかなり楽ですし、暗号通貨の楽しみがかなり広がると思います(´∀`)国内取引所をすでにお持ちであれば約30分程度で済むと思いますので、この機会にぜひどうぞ!

ちなみに、Zaifからモナコインを購入して海外取引所に送金後、MONA→BZYを購入する方法もあります◎

きっとBTCの方がやりやすいとは思いますので、慣れていらっしゃる方はモナコインからいかがでしょうか? ◡̈

公式ウォレット

Bitzenyの公式ウォレットはこちらからDL可能です↓↓

https://bitzeny.jp/login

新規作成から入って作成されてくださいね。

また、最新ウォレットはこちらなのですが、Macはまだ対応できていません。(少し古い情報かもしれません(;o;))↓↓

https://github.com/BitzenyCoreDevelopers/bitzeny/releases

もちろん公式ウォレットはBitzenyが国産ということもあって日本語に対応しています!

ここはかなり助かりますね。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© xRland , 2019 All Rights Reserved.